どの分野の通販業者を使う?

通販業者にはいろいろとありますが、商品の内容として、様々な分野を取り扱っている総合通販や、家具や家電を取り扱っているインテリア通販、メンズやキッズなどの服を取り扱っているファッション通販などもありますね。また、口紅やチークなどの化粧品の分野や、毎日食べる食品の分野、文房具やファイルなどの雑貨の分野や、本やCDなどの書籍・ソフトの分野があるのではないでしょうか。今はインターネット通販が主流となっていますが、インターネットでさまざまな分野のものを購入することができるので、とても便利な社会になってきましたね。1990年代に各家庭にインターネットが普及されてから、家でインターネットを使っての通販をされる方が増えてきたのだと思いますが、家に居ながら注文をすることができるのが、様々な分野の通販業者を使う魅力にもなっていますね。すぐに注文をして届けてくれるからこそいろいろな分野の通販業者が発展してきたのではないかと思います。

どうやって注文をするの?

インターネット通販で商品を購入する場合には、ネットショップによっては事前の会員登録が必要な場合もあります。会員登録というのは、自分の名前や住所を登録して場合によってはメールマガジンが送られてくるというようなこともあります。そして、会員登録をすることによって次回から使うことができる値引きクーポンを得ることができたり、マイページを使うことができたりするので、特に問題がなければ会員登録をしてから注文を行っても良いのではないでしょうか。会員登録をしておくと、次回からの注文の時に自分の住所や名前などを最初から入力をしなくても良いので、便利ではないかと思います。会員登録をした場合にはマイページから注文をすることになりますが、住所や名前の入力の後に、商品の支払い方法を選ぶようになります。クレジットカードの場合にはカード番号を入力し、代引引換の場合にはそれを選択して注文内容に誤りがないかを確認して注文ボタンを押すようになります。注文ボタンを押す時には、時間がかかる場合があるので何度もクリックしないようにしましょう。複数クリックすることで発注がダブってしまう場合もあるので気をつけておかなければなりません。

どうやって支払いをするの?

インターネット通販を行った時に、その商品をどのようにして支払うかについてですが、クレジットカード払いと代金引換が多くなっているのではないでしょうか。クレジットカードを持っている方は、クレジット払いをすることで、カードのポイントを貯めることができるので一石二鳥ですよね。また、代金引換の場合には商品を受け取った時に現金を渡すようになるので、クレジットカードを持っていないという方は代金引換を利用されると良いのではないかと思います。ただ、代金引換の場合には、手数料をとられるという通販会社もあるので、手数料はお店が負担するのか、利用者が負担するのかを購入前に確認してからにしましょう。クレジットカードにしても、代金引換にしても送料は利用者が負担する場合が多くなっているので、気をつけておきましょう。送料については、ネットショップの商品購入金額が5,000円や10,000円以上であれば送料はネットショップ側が負担してくれるという場合があるので、送料を支払うのが嫌だという方は、ショップが指定した金額以上の買い物をすると良いですね。

関連サイト
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-anckita1_storeId-4033.html